難病と在宅ケア 2003年4月号 Vol.9 No.1


表紙写真 ALS患者さん宅を訪問し、テレビ電話を用いて遠隔看護をしている松山ベテル訪問看護ステーション管理者たち


在庫数:
数量:
特集 患者会の作り方と運営の仕方
第1部 患者会の未来は明るい
国立療養所松江病院小児科医長 河原 仁志
第2部 あなたの地域にも患者会をつくってみませんか
横須賀市/くりの会・代表 栗原三枝子
第3部 同じ仲間意識に徹して進んで来ました
日本ALS協会千葉県支部事務局長 川上 純子
第4部 専門医と患者会の絆を深める
全国パーキンソン病友の会新潟県支部・会長 齋藤 博

連載企画
●訪問看護 QOLと介護負担感を考える 信州大学医学部保健学科社会学研究室 武藤 香織
●食事療法 変化することを信じて…−Eメールでの遠隔摂食指導− 東京歯科大学オーラルメディシン講座 渡邊 裕
●写真紹介 進行性ALSに先手を打ち続ける21歳 川崎市の田辺陽一さん
●住環境整備 ALS患者さんの住宅改造・環境改善1 東京都立神経病院リハビリテーション科理学療法士 笠原 良雄
●改訂脊髄小脳変性症(SCD) 検査3:自立神経機能検査 東京医科歯科大学医学部附属病院検査部医師 稲葉 彰
●沙羅双樹の花の色 デイサービスに出掛けました 神奈川県小田原市ALS在宅療養者 島崎 八重子
●リハビリテーション 多発性筋炎患者が家庭で行う運動 東京大学医学部附属病院リハビリテーション部 理学療法士 横田 一彦
●在宅介護 難病介護と介護保険 脊髄小脳変性症の妻を介護して 平野 薫
●人工呼吸療法 在宅NPPV療法の現状 大阪府立羽曳野病院呼吸器科部長 石原 英樹
●小児のリハビリテーション 筋ジストロフィーの呼吸2 心身障害児総合医療療育センター 理学療法士 金子 断行
●褥瘡対策 とこずれ110番 山本皮膚科医院院長 山本 泉
●パーキンソン病講座 治療についての新しい話題 和歌山県立医科大学 神経内科医師 三輪 英人
●在宅感染症対策 難病患者における口腔ケア 加藤歯科医院院長 加藤 武彦

掲載難病名
難病名
難病名

掲載介護メニュー
メニュー
メニュー

INDEXに戻る