難病と在宅ケア 2006年11月号 Vol.12 No.8


表紙写真 誕生日を祝福される塚田宏さん(左上)。塚田さんを介護する医学生・看護学生たちはこの写真に納まり切れない(中)。入浴の実習光景(右下)[三鷹市の塚田家で=4頁参照]。


在庫数:
数量:
特集 各種難病治療法の話題
第1部 ALS治療薬の開発の現状
東北大学大学院医学系研究科 神経内科/青木 正志
第2部 脊髄小脳変性症(SCD)に関連した基礎医学上の新発見
慶應義塾大学医学部 教授/柚崎 通介
第3部 痙性対麻痺患者へのバクロフェン髄腔内投与法の展望
東京女子医科大学 脳神経外科/平 孝臣
第4部 飛躍的に進んでいる遺伝性パーキンソン病の研究
順天堂大学脳神経内科・東京都臨床医学総合研究所/佐藤 栄人
第5部 膠原病治療の進歩と今後の展望
順天堂大学附属順天堂越谷病院 院長/橋本 博史


連載企画
■食事療法 経腸栄養患者さんへの栄養剤の選択方法
医療法人橘会 東住吉森本病院/岩谷 聡
■トピックス ライソゾーム病治療に真の夜明けが訪れた
国立病院機構新潟病院  副院長/中島 孝
■人工呼吸療法 エラー防止のポイント−人工呼吸器関連事故の予防と対策
日本看護協会看護研修学校重症集中ケア学科 専任教員、校長/道又 元裕
■在宅感染症対策 気道感染予防と口腔リハビリ
山部歯科医院長・長崎嚥下リハビリテーション研究会・会長/山部 一実
■褥瘡対策 私のローリスク・ハイリターン治療法
天理よろづ相談所病院 皮膚科部長/立花 隆夫
■難病の最新情報 頸椎後縦靱帯骨化症手術の実際と術後ケア
札幌医科大学リハ部/村上 孝徳
■在宅医療経営学 神経難病の診療 2
(医)拓海会 理事長・大阪北ホームケアクリニック/藤田 拓司

ドキュメント
医学生・看護学生を育てる介護
東京都三鷹市/ALS患者/塚田 宏

INDEXに戻る