難病と在宅ケア 2007年10月号 Vol.13 No.7                  


表紙写真 
胃ろう造設手術を終えて手術室を出てくる平本 歩さんと執刀の春本医師たち(写真上)。また平本 歩さんは日常、料理にもチャレンジし、これはニンジンの皮を剥いているところ(写真下)。


在庫数:
数量:

特集1 外国と日本の難病医療の温度差
第1部 患者中心の医療の日米比較
      東京都大田区・木村病院理事長 院長/木村 佑介
第2部 新オーストラリアの医療・介護制度
      日本医師会 副会長/岩砂 和雄
第3部 ALS在宅療養の在り方を決める政治と経済−
      NPO法人さくら会理事/川口有美子
第4部 国際的に見た人工呼吸治療の事情
      同志社大学 講師/堀田義太郎

特集2 線維筋痛症の現況
第1部 長期経過するほど精神的改善が得られにくい
 
     太白さくら病院 理事長/宗像 靖彦
第2部 線維筋痛症の診断と治療 〜
      長野県・厚生連篠ノ井総合病院
      リウマチ膠原病センター長/浦野 房三

連載企画
■膠原病 関節リウマチ治療の展望
      産業医科大学医学部第1内科教授/田中 良哉
■リハビリ 多系統萎縮症患者さんの歩行練習
      北九州八幡東病院リハ科 理学療法士/元村 隆弘
■トピックス 最近の腹腔鏡補助下胃瘻造設術
      淀川キリスト教病院 小児外科 医長/春本 研
■食事療法 温かいゼリー食を試作・開発中
      日本女子大学 家政学部食物学科/大越 ひろ
■各種難病 ALSの新しい治療薬としてのHGFの研究
      大阪大学大学院医学系研究科 准教授/船越 洋
■褥瘡 NPPVのマスク装着による前額部・頬部の予防
      成田赤十字病院褥瘡予防対策室/田中 深雪
■筋ジストロフィー 患者さんの人工呼吸療法
      国立病院機構鈴鹿病院神経内科部長/久留 聡

写真紹介
胃ろうとカフつきカニューレに変えてみて
ミトコンドリア筋症/平本 歩さん

INDEXに戻る