難病と在宅ケア 2011年10月号 Vol.17 No7


【写真説明】
写真上 筋ジス患者の八代 弘さんは、ドイツケルンでユーザーエキスパートの自立生活センターを訪問して交流
写真下 米国ジョン・バック教授のところで短期研修した作業療法士と患者さんが折り紙で壁飾り作り

数量:

特集1 筋萎縮性側索硬化症の医療はいま
第1部 ALSに対する治療法開発の状況
      東北大学教授  青木 正志
第2部 ここ1〜2年のALS関係の動き
     国立病院機構愛媛病院 神経内科医長 橋本 司
第3部 筋萎縮性側索硬化症患者における塩酸モルヒネの使用
     国立病院機構 医王病院 神経内科 石田 千穂
第4部 筋萎縮性側索硬化症の人々のホスピスにおける終末期ケア
      救世軍清瀬病院ホスピス長 神経内科医長 加藤 修一

第5部 筋萎縮性側索硬化症患者の人工呼吸器装着までのリハビリ
     
公立八鹿病院医療技術部中央リハビリテーション科 米田 正
      村上華林堂病院リハビリテーション科 北野 晃祐


連載企画

■ペンとカメラ 全国の筋ジストロフィー患者さんたちと交流活動を
     展開して効果あり!!
    
 社団法人日本筋ジストロフィー協会福島県支部会
      NPO法人 ILセンター福島 理事 八代 弘
■筋ジストロフィー 筋ジストロフィーと国際交流
     国立病院機構八雲病院 臨床研究部長 石川 悠加
     ブラジル筋ジス協会 作業療法士  シルビア・仲宗根純子
■人工呼吸療法 携帯型パルスオキシメータの使い方と
    その精度について
     北海道大学 教授  宮本 顕二

■パーキンソン病 在宅パーキンソン病患者の転倒対策
     
国立病院機構岩手病院 副院長 神経内科 千田 圭二
■各種難病 脳卒中の後遺症の治療
      〜 リハビリテーションの現状と今後の展望 〜
     
慶應義塾大学月が瀬リハビリテーションセンター医師 向野 雅彦他
■脊髄小脳変性症 マシャド・ジョセフ病の診断と具体的事例
     
千葉大学大学院 講師 伊藤 彰一
■褥瘡対策 ラップ不要の医療用非固着性吸収パッドによる
     褥瘡の在宅治療

     時計台記念病院 形成外科 創傷治療センター
      北海道大学大学院医学研究科 形成外科 小浦場 祥夫
■施設情報 神経難病患者の栄養管理を支える取り組み
      〜 レスパイトケア目的での入院患者の在宅療養支援 〜

     脳血管研究所美原記念病院 美原 盤 他

INDEXに戻る