難病と在宅ケア 2012年10月号 Vol.18 No.7


【写真説明】
写真上 難病マンション「つばさハウス」で訪問入浴するALS患者と訪問看護師・ヘルパーさんたち。
写真下 在宅ALS患者さん宅で、看護補助員の実地指導をする訪問看護師。


数量:
特集1 難病訪問看護ステーションの在り方
第1部 
訪問看護ステーションは重度難病にいかに対応するか
      日本訪問看護財団立刀根山訪問看護ステーション 
      所長 長濱 あかし

第2部 NICU退院児のための子育てサービス
      〜 在宅生活の始まりを支える訪問看護 〜

      東京都/訪問看護ステーション ベビーノ  所長 平原 真紀

第3部 2つの難病マンションと地域の在宅神経難病を一手に担って
     
千葉県/つばさ訪問看護ステーション所長 矢吹 智美

特集2 ヘルパーのたんの吸引軌道化とQOL向上
第1部 緊急避難:医療的ケアの基本
      仙台往診クリニック院長 川島 孝一郎
第2部 これからの医療的ケアはどうあるべきか
     〜 ヘルパーの人的不足問題と
                施設の受講料負担問題を抱えて 〜
     
ALS/MNDサポートセンターさくら会理事長
      日本ALS協会相談役 橋本 みさお

第3部 一部法制化以降の障害児への医療的ケアの方向と連携の課題
     
NPO医療的ケアネット 理事長/日本小児神経学会社会活動委員会
      委員長すぎもとボーン・クリニーク 所長 杉本 健郎

第4部 医療的ケアはどういう方向に進むべきか
      〜 吸引等の医療制度改定でこれから 〜

     
全国児童発達支援協議会理事
       心身障害児総合医療療育センター小児科 米山 明


連載企画

■写真紹介 「難病タウン」構想の実現のために
     幹細胞移植を受けた千葉市ALS患者 川崎久信さん
     
ALS患者  川崎久信
■感染対策 誤嚥性肺炎の予防対策
     
東北大学加齢医学研究所高齢者薬物治療開発寄附研究部門
      教授 大類 孝
■各種難病の最新情報 重症筋無力症(MG)の最新治療
     
国立病院機構宇多野病院(関西脳神経筋センター)
      院長 小西 哲郎

■パーキンソン病講座 パーキンソン病の薬物治療
      − 抗体酸化療法再考 −
     
福井大学医学部附属病院 神経内科 診療教授 米田 誠

呼吸リハ 神経筋疾患の排痰ケア
      昭和大学大学院保健医療学研究科呼吸ケア領域 
      教授 宮川 哲夫
      大阪大学大学院医学系研究科総合ヘルスプロモーション科学講座
      教授  小西 かおる 
褥瘡対策 床ずれ予防のためのいくつかのコツ【第1回】
     
天理よろづ相談所病院在宅世話どりセンター長 中村 義徳

■食事療法 エネルギー代謝を考慮したデュシェンヌ型
     筋ジストロフィーの栄養管理
      独立行政法人国立精神・神経医療研究センター病院 総合内科部
      栄養管理室 管理栄養士 NST専門療法士 鷹羽 智子


INDEXに戻る