【INDEXに戻る】
↑2013年一覧へ2013年2月号→
 難病と在宅ケア 2013年1月号 Vol.18 No.10


【写真説明】
写真上 茨城県の筋ジス患者・辻 友紀子さんの作画風景。
写真下 辻さんの作品『うさことわたし〜絵を描くことが好き〜』。

数量:
特集 エンド・オブ・ライフコミュニケーション
第1部 美名のウラに別の意図があり
      〜 “尊厳死”とか“安楽死”について 〜

      NPO法人ALS/MNDサポートセンターさくら会
      理事長 橋本 みさお
      兵庫県/しんじょう医院 院長 新城 拓也
第2部 在宅医療で迎える最期
      宮城県/爽秋会岡部医院 医師 河原 正典
第3部 在宅で看取ったALS患者さんたちと私
      千葉県/土橋医院 院長 土橋 正彦
第4部 ALSにおけるPEG造設と延命治療と緩和ケア
      東京都立神経病院 脳神経内科医長 清水 俊夫
第5部 ホスピス緩和ケア
      東京都/救世軍清瀬病院ホスピス長 加藤 修一

連載企画
■巻頭言 難病看護が乗り越えて来た幾山河
      聖隷クリストファー 大学教授 川村 佐和子
■写真紹介 絵を描くことが即、“生きる”こと
      車椅子のパステル画家 辻 友紀子
■リハビリテーション 人工呼吸器(TPPV)装着下での
      ALS患者のリハビリテーション

      リハビリテーション科  冨田 真紀
■食事療法 神経難病患者の市販食品の摂取
      〜 嚥下障害の病態、重症度に応じて 〜

      さいたま記念病院 リハビリテーション科 鈴木 英二 他
■パーキンソン病講座 運動症状の日内変動にどう対応するか
      〜ドパミンアゴニストとCOMT阻害薬の使い分け〜

      自治医科大学 准教授(内科学講座神経内科学部門) 藤本 健一
■各種難病の最新情報 多発性硬化症の治療
      九州大学神経内科医師 米川 智
           同      教授 吉良 潤一
■アロマセラピー メディカルアロマセラピー
      昭和大学医学部第一解剖学講座 塩田 清二
       メディカルアロマ&リフレ Tori 所澤 いづみ
■褥瘡対策 床ずれ予防のためのいくつかのコツ【第2回】
      天理よろづ相談所病院 
      在宅世話どりセンター部長 中村 義徳
■福祉用具 異常感覚のある症例の車いす評価例
      〜急性自律性感覚性ニューロパチー症例〜

      埼玉県総合リハビリテーションセンター 
      理学療法科 廣島 拓也 他
■人工呼吸療法 デュシエンヌ型筋ジストロフィーの
      呼吸リハビリテーション
      国立病院機構東名古屋病院 附属リハビリテーション学院 
      理学療法学科教員  理学療法士 白石 弘樹
      国立病院機構鈴鹿病院 神経内科 病院長 小長谷 正明


INDEXに戻る