【INDEXに戻る】
←2013年2月号↑2013年一覧へ2013年4月号→
 難病と在宅ケア 2013年3月号 Vol.18 No.12


【写真説明】
写真上 看護師にマッサージをしてもらうALS患者の菊池悦代さん。
写真下 車いすからベッドへ移動の筋ジス患者・柳生勝也さん。

数量:
特集 人工呼吸療法の現況と展望
第1部 NPPVの普及と展望
      国立病院機構南京都病院
      呼吸器科臨床研究部 部長 坪井 知正
第2部 NPPVの海外情報
      国立病院機構八雲病院 
      小児科医長兼臨床研究部長 石川 悠加
第3部 NPPVと終末期ケア
      北里大学神経内科学 助教 浦野 義章
          同     専任講師  荻野 美恵子
第4部 在宅における呼吸リハビリテーション
      医療法人社団CMCコールメディカルクリニック広島
      理学療法士 林下 智惠 / 同  医師 岡林  清司
第5部 患者の疾患進行状況に応じた人工呼吸器の選択基準
      埼玉県立小児医療センター医療機器職員研修担当 
      副技師長 松井 晃

連載企画
■写真紹介 3.11に窮死に一生を得
     町田市ALS患者 菊池 悦代
■ALS医療 筋萎縮性側索硬化症はどのように進行するのか?
     大阪医科大学神経内科 科長 木村 文治
■訪問看護 枠外サービスからの在宅支援
     〜 プロの眼・人の眼として 〜

      全国訪問ボランティアナースの会  CANNUS 
      キャンナス札幌 代表 真鍋 智美
■パーキンソン病講座 L-dopa療法の過去、現在、未来
      福岡大学病院 神経内科講師 深江 治郎
                   同  教授 服部 信孝
■脊髄小脳変性症のすべて 脊髄小脳変性症の具体的実例
      東京大学医学部神経内科 高橋 祐二
■トピックス 医療難民の患者会設立 〜 希少難病の実態 〜
      東京都葛飾区/筋ジス患者
      日本ディスファーリノパシー患者会 代表 柳生 勝也
■訪問リハ 訪問リハビリでの福祉用具の介入に関する調査
      熊本市/訪問リハビリテーションセンター清雅苑 
      理学療法士 竹内 睦雄
■食事療法 日々少し異なる食品を摂取することが必要
      〜 ALS患者さんの経腸栄養剤中心の栄養補給法 〜

      北里大学東病院栄養部 管理栄養士 清家由美子
      北里大学医学部神経内科学 専任講師   荻野美恵子


INDEXに戻る