【INDEXに戻る】
←2013年9月号↑2013年一覧へ2013年11月号→
 難病と在宅ケア 2013年10月号 Vol.19 No.7


【写真説明】
写真上 END ALS活動をする患者の藤田 正裕氏(東京都内の会社で)。
写真下 藤田氏の33歳の誕生日を33個の風船で会社の仲間が祝う。

数量:
特集1 ALSの臨床像
第1部 ALS患者臨床像の変遷
      群馬大学大学院医学系研究科 脳神経内科学
      助教 古田 夏海
第2部 長期TPPV施行のALS患者の臨床像
      独立行政法人国立病院機構
      東名古屋病院 神経内科 田村 拓也
第3部 運動ニューロン疾患274症例の検討
      岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
      医員 佐藤 恒太/他
第4部 ALSの横隔神経伝導検査所見と生命予後との関連
      東京都立神経病院 脳神経内科
      林 健太郎/清水 俊夫

特集2 肺高血圧症の最新情報
第1部 知ってほしい 肺におこる高血圧症のこと
     〜 子どもの肺高血圧症の現状と展望 〜

      慶應義塾大学医学部小児科学教室専任講師 福島 裕之
第2部 PH患者への社会の理解を求めて
     〜 PH治療を受ける娘の母親の立場から 〜

      東京都内在住/プロスキーヤー 森 幸
      聞き手/石川 貴枝子

連載企画

■写真紹介 声は失ってもプランニングディレクター
     東京都/ALS患者 藤田 正裕
■写真紹介 海外で福祉を学んで
     遠位型ミオパチー患者 織田友理子
■パーキンソン病講座 発症から早期の臨床像
     秋田県立脳血管研究センター神経内科診療部
     部長 前田 哲也
■各種難病 CIDP(慢性炎症性脱髄性多発根神経炎)の
     治療とケアの具体的事例

     京都大学附属病院神経内科
     医師 植村 健吾
■各種難病 片頭痛の薬物療法
     慶應義塾大学医学部神経内科
     専任講師 清水 利彦
■情報宅急便  スーパーレントゲンとは
     〜 その期待される効力 〜

     埼玉医科大学教授(放射線科) 田中 淳司
■在宅介護 【第2回】在宅における福祉用具と適応
     福祉用具プランナー連絡会
     作業療法士 長尾 美幸
■脊髄小脳変性症のすべて 多系統萎縮症のリハビリテーション
     呼吸管理を考える続編〜長期的管理とその工夫〜

     医療法人社団 芳英会 吉野内科・神経内科医院
     理学療法士 浅川 孝司
     神経内科医 吉野 英
■在宅医療 ICT活用による在宅医療チームケアの実践と
     クラウド型地域連携システム

     東京都/桜新町アーバンクリニック 院長 遠矢 純一郎
■人工呼吸療法 療養環境の変化と人工呼吸器の選択
     産業医科大学若松病院神経内科
     魚住 武則/その他

INDEXに戻る