【INDEXに戻る】
←2014年6月号↑2014年一覧へ2014年8月号→
 難病と在宅ケア 2014年7月号 Vol.20 No.4


【写真説明】
写真上 ミオパチー患者織田友理子さんたちがデンマークの留学先で野外交流(4頁参照)。 写真下 その方々がダンスパーテー(同頁参照)。
数量:

特集@ 重度神経難病のコミュニケーションはどうする
第1部 神経難病によるコミュニケーション障害への段階的支援
徳島大学病院 杉原 治美
第2部 SMA(脊髄性筋萎縮症)I型児に対するコミュニケーション支援
熊本保健科学大学 佐々木 千穂
第3部 意思伝達装置の必要性を問う〜支援者の役割〜
川村義肢株式会社 日向野 和夫
第4部 MSA、SCDへの入力スイッチのノウハウ
NPO法人 ICT救助隊 松尾 光晴


特集A 知られざる合併症の高次脳機能障害
第1部 重度高次脳機能障害の治療とケア
高槻市/やまぐちクリニック 山口 研一郎
第2部 2つの難病と見えない障害
大阪市/多発性硬化症/重症筋無力症患者 大橋グレース愛喜恵


連載企画
■写真紹介 私は何処へでも行く“車椅子ウォーカー”です
NPO法人 PADM 遠位型ミオパチー患者会代表代行 織田 友理子
■在宅医療 大学病院の救急科(ER)がはじめた在宅訪問診療
埼玉医科大学総合医療センター 大貫 学
■パーキンソン パーキンソン病とパーキンソン症候群
順天堂大学  水野 美邦
■訪問看護 在宅医療における訪問薬剤師の役割
チューリップ薬局 管理薬剤師 水野 正子
■各種難病 下垂体機能低下症の診断と治療
国立病院機構京都医療センター 島津 章
■食事療法 ALSに対する嚥下機能手術としての喉頭全摘術
鎌ヶ谷総合病院 浅井 昌大
■遺伝子 看護職の立場から考える 発症前遺伝子診断の現状と課題
熊本大学大学院 柊中 智恵子
■筋ジストロフィー 医療の質の向上のための多職種協働研究
国立病院機構名長崎川棚医療センター  松尾 秀徳
■訪問リハ  QOLの向上に繋がった訪問リハビリ主導の関わり
相澤病院 西牧 俊介
■人工呼吸療法  神経難病における呼吸困難のメカニズムとその対策
秋田大学大学院 塩谷 隆信


INDEXに戻る