【INDEXに戻る】
←2014年7月号↑2014年一覧へ2014年9月号→
 難病と在宅ケア 2014年8月号 Vol.20 No.5


【写真説明】
写真1 岩出幸子さんの月1回のプロレス観戦(5頁参照)
写真2 野口希さんがライブ活動中(13頁参照)
写真3 野口希さんがファッションショーにモデルとして登場(同頁参照)
写真4 朝霧裕さんの毎月開催のライブ(21頁参照)
数量:

     特集 いまを生きる難病女子
第1部 それなりの幸せ〜DMD、いじめ、離婚、気管切開を経て〜
      ひとり暮らしのDMD患者 岩出 幸子
第2部 ヤングケアラーのネットワークで介護を乗り切る
      ALS48広報/ALS患者娘 橋本 佳代子
第3部 命の宣告とバーチャル世界で生きるわたし
      SCD/ニーマンピック病C型患者 野口 希
第4部 地域生活と在宅就労
      先天性ミオパチー患者 猪瀬 智美
第5部 名前で呼んで〜私は世界をだっこしたかったんだ〜
      シンガーソングライター/SMA患者 朝霧 裕


連載企画
■筋ジス  デュシェンヌ型筋ジストロフィーの 積極的なリハビリテーション
  国立障害者リハビリテーションセンター病院 前野 崇
■パーキンソン  姿勢異常・すくみ足・転倒とその対策
  啓信会京都四条病院 久野 貞子
■脊髄小脳変性症  遺伝性脊髄小脳変性症の臨床的特徴と遺伝子診断
  自治医科大学  松浦 徹
■呼吸ケア  ALS患者の唾液の処理支援
  国立病院機構新潟病院 高橋 卓
■訪問リハ  具体的事例における諸問題
  訪問看護ステーションほたる 大山 敦史
■訪問看護  地域包括ケアシステムとは
  大幸砂田橋クリニック 佐藤 アイ子
■各種難病  再生不良性貧血に関する血液検査の見方考え方
  北海道大学病院検査輸血部 松野 一彦
■在宅ケア 人工呼吸器装着の神経難病患者が
在宅療養継続困難となる要因
  広島西医療センター  渡辺 千種
■食事療法  在宅嚥下障害患者の食支援現況
  山梨市立牧丘病院 古屋 聡
■各種難病  神経変性疾患患者の脳MRIにおける年間萎縮率“Annual Atrophic Rate(AAR)”
  財務省診療所長 黒岩 義之


INDEXに戻る